万病は身体の歪みを正すことで治すことができます!

NESシステム

NESシステム(Nutri Energetics Systems)生体波動セラピー

なぜ なにを だれが どうやって メリット 施術者 申込 体験談 インフォスーティカル マイ・ヘルス

NES Professional System

★前機種のHADOアストレアからさらに進化したイギリス生まれの波動セラピーシステムです。

★現在、キャンペーンを実施中です!詳しくは重要なお知らせをご覧ください。

★セラピーをご希望の方は、内容をご確認のうえ、電話、オンラインフォームでお申込みください。

なぜこのシステムを使う必要があるの?

たった15秒で人間の健康上の問題を150以上の項目にわたってチェックします。

肉体的さらに精神的な観点から総合的に問題点を改善する専用レメディ(インフォスーティカル)をシステムが自動的に64種類の中から選び出してくれます。

施術者の技量によって結果が左右されません!

今まで、西洋医学、針灸、漢方薬、ホメオパシー、ナチュロパシー、カイロ、フィジオセラピー、カウンセリングなどの他の療法で結果がでなかった方にぜひ試してもらいたいセラピーです。

北米大陸の日本語を話す皆様に日本語で波動セラピーをわかりやすく解説しながら提供します。

西洋医学では原因のわからなかった体調不良や症状を抑える治療法しかない慢性疾患などに非常に効果的です。

これまでのディトックスに満足でないあなたにお勧めする、トータルディトックス(総合的な毒素排泄)システムです。

治療は、インフォスーティカルを1日に1度飲む、あるいはマイヘルス(次世代型NES専用ディバイス)で数分、身体をなでるだけです。

NESプロビジョン(コンピューター制御型スキャンシステム)を定期的に行うことで、健康の改善度が手に取るようにわかります。

NESとは一体どんなもの?

ヒューマン・ボディー・フィールドと呼ばれる人間のエネルギーを包括しているフィールドの情報を読み取るシステムの事です。

NES-プロフェッショナル・システムは、ピーター・フレーザーの量子電磁力学的ヒューマン・ボディ・フィールドの発見とマッピングをコンピュータ技術の単純性と結びつけた、今までで最も高度なボディ・フィールド分析システムです。

プラクティショナーは、このシステムを用いてクライアントの根本的な生物エネルギー的原因を検出できるだけでなく、NES独自が開発したレメディー「NESインフォスーティカル」の使用によりボディ・フィールドを再建し、身体に備わった自己治癒力の回復を促し、より最適な生理学的機能へと戻すことができます。

NES-プロフェッショナルのソフトウェアが検出した情報をソフトウェア内にコード化されたヒューマン・ボディ・フィールドのテンプレートと照合します。

その後、ヒューマン・ボディ・フィールドのテンプレートとあなたのボディ・フィールドの違いを表示し、画像のユーザーインターフェースを通じて結果を表示します。

この結果により是正を必要とするフィールドに情報を届けるのがインフォスーティカルと呼ばれるレメディーです。

NESProfessionalソフトウェアとインフォスーティカルは、単に私たちを健康状態を助けるのではなく、同時にこころ身体両方に影響を及した本当の原因自体を見つけるかもしれないのです。

NESのスキャンは、生化学ではなく量子力学(QED)の原理に基づいている為、身体に有害なものをスキャンしているのではなく、全ての生理学的プロセスを、コントロールする素粒子的情報経路と相互作用が損傷、変形、遮断されていないかを見ています。

世界中の何千人もの医療従事者と開業医が、安全かつ強力で効果的であるとして彼らの主なセラピーとしてNESを愛用しており、次世代のウエルネス促進産業の牽引役としても注目されています。

ヒューマン・ボディー・フィールド(HBF)の分析方法

ダビンチ

NESプロフェッショナル・システムは、ボディ・フィールドの生物エネルギーや情報のくぼみを覗き、何が起こっているかを見ることができるコンピュータプログラムだということは前述しました。

このシステムは、ある時点におけるボディ・フィールドと身体的・精神的状態の相関関係を正確に評価することを可能にするスナップショットでもあるのです。

スキャン自体は迅速かつ容易で、非侵襲性である。マイヘルスと呼ばれるスキャンと治療を兼ねたNES独自の次世代型ディバイスに触れるだけでOKです。

やり方について説明しましょう。このスキャンは量子電磁力学(QED)マッチングテストであり、他の方法では今まで正確に検出し得ないもの、すなわちボディ・フィールドの波形と情報を伝える干渉パターンとをスキャンしているのだと言うことができます。

ウルフの空間共鳴論もマーサーの位相共役適応共鳴についての考えもNESのスキャンプロセスと関連があります。

基本的に、NES解析ソフトウェアを搭載したコンピューターがコンピューター自身のQEDフィールドを作り上げます(QEDフィールドの形成および情報交換には静電場が必要であり、コンピューターのハードウェアは、微弱であるがボディ・フィールドを共役するには十分な静電場を作り出す)。

ボディ・フィールドとコンピューターからのQEDフィールドは絡み合い、独自のプロセスにより、スキャンソフトウェアがボディ・フィールドと(フレーザーの研究に基づき)ソフトウェアにコードされたボディ・フィールド構造のテンプレートとのマッチング部位を評価できます。

2つのQEDフィールドの絡み合いにより情報が流れ、検出される一方、マッチングは空間における構造のマッチングであり、構造の性質が情報を伝えます。

物理学におけるウルフの空間共鳴論によれば、こうした性質自体は空間の誘電率の変化に基づいている。

NESシステムは実質的に、ボディ・フィールドに問いかけ、ボディ・フィールドからの応答として解釈される空間における変化に関する情報を感知しているのです。

NESシステムは、皮膚や脳の電気的特性の変化を、システムの種類に応じて検出するバイオフィードバックのようなシステムではありません。

NESのスキャン時に発生するコンピューターとボディ・フィールド間の相互作用は量子的なプロセスで、多分、マーサーの位相共役適応共鳴理論に類似しており、ほぼ瞬時に発生します。

人それぞれで生化学は何らかの違いがあるが、ボディ・フィールドの構造は誰もが同一なのです。

エナジェティック・ドライバー、インテグレーターなどは空間にある構造であり、こうした構造は、その内部で起こる全てが適切に機能するためには不可欠だと言えます。

したがって、西洋医学のように、血液ガス、コレステロール値、カリウム値など、システム内の項目全てを判読する必要はありません。

その代わり、より大きなエネルギーおよび情報構造そのもの、すなわちボディ・フィールドのドライバー、インテグレーター、スターなどの状態をみることができます。

歪んだ構造を是正すると、構造内の全てに影響が及びます。したがって、NESスキャンはボディ・フィールドの機能的統合性を分析していると言えます。

「機能的統合性」とは、スキャンの目的がチェーンの中の最も弱い繋がりを確認することと似ているということです。これは、ボディ・フィールドの強度がその最も弱い側面の強度にとどまるためです。

NESスキャンでは、このような弱い点が特定され、望めば、NESインフォスーティカルを用いてそれを是正することができます。

結局のところ、NESスキャンは、多層のホログラフ的なボディ・フィールドをスキャンし、その間にボディ・フィールドの身体的および精神的問題の根本的原因に対する相関関係を決定し、治癒に望ましい順序を明らかにするわけです。

西洋医学の多くは症状を基盤とするが、NESスキャンでは症状を扱いません。故に、私たちは、自分たちは病気を診断、治療、予防または治癒するのではないと主張します。

私たちは、ボディ・フィールドの全体的なシステムレベルに働きかけ、エネルギーや情報に働きかけているのであり、物理的な組織や細胞プロセスを直接扱っているのではありません。

1回のスキャンで判明するマッチ数は約155で、情報は、コンピュータースクリーン上の分析報告に図示されるまえに、修正、分類され、優先順位が付けられます。

実際のボディ・フィールドとNESソフトウェアに数学的にコード化されたそのボディ・フィールドに関する情報および構造との間のマッチの質を感知することで、コンピューターはボディ・フィールドのどこがどの程度歪んでいるかを検出できるのです。

フレーザーの研究で明らかになった治癒の好ましい順序に従いこうした歪みに優先順位を付けます。こうすることでボディ・フィールドが示している歪みが最も早くかつ良好に是正され、身体自身のもつ自己治癒能力が促進されるわけです。

これにより最終的に身体のホメオスタシスが回復します。 健康に関するフレーザーの最も有用な発見は、治癒の好ましい順序なのです。

まずビッグ・ボディ・フィールドの歪みを修整し、次にドライバー、インテグレーター、テレインと続き、最後にスターを修正するという順序です。

これらの構造の中のサブシステムやサブフィールド全てにも好ましい順序があり、インフォスーティカルには、容易に順序が守れるように番号が付けてあります。

物理学的に見ると、スキャン装置に手をのせ、NES施術者がスキャンボタンを押した瞬間、コンピューターはボディ・フィールドの波動関数を調べ、バーチャルなものを非常にリアルなもの(測定可能なもの)に転換します。

結果は、ボディ・フィールドの情報スナップショットです。この情報スナップショットについて理解するには、ボディ・フィールドの他の側面について理解する必要があります。

例えば、ボディ・フィールドは動的であること、すなわち、常に変化しています。ボディ・フィールドはホログラフ構造をしており、あなたに起こることやあなたが曝露されたもの全てを記録しています。

想像できるように、どの一瞬をとっても、自分の感情や精神状態、周りの人々、電磁場、光、暑さや寒さ、毒素や病原体、摂取した飲食物など、何百万ものものがあなたに影響を与えています。

NES分析は、ある一瞬におけるボディ・フィールドの機能的統合性のスナップショットであり、ボディ・フィールドは、ボディ・フィールドへの影響全てを仲介し、それらの影響を身体が利用できる情報に翻訳しようとします。

歪みの優先順位については、身体の全て、つまり細胞プロセス、組織、器官などに、赤、オレンジ、緑、黄色の小さな旗の一群があると想像してください。
旗の説明

ボディ・フィールドの構造が歪んでいるか、情報が遮断・分解されている場合、身体にも影響が出て、スキャン結果の色(先程の例では「色のついた旗」)は生物エネルギー的なSOSサインを示しています。

細胞、器官、代謝プロセスが旗を振り「気づいてくれ。」と叫んで、注意を引こうとしているようなものなのです。

サブシステムレベルの助けを求める声は、ボディ・フィールドのより大きな構造レベル、すなわち特定のドライバー、インテグレーター、またはその下位レベルの問題を含むその他のボディ・フィールド構造で聞き入れられます。

旗の色は、助けを必要とする程度を表している。赤色の旗は最も優先順位が高い。「最初に注目してくれ。今すぐ助けてくれ。」という意味がある。その他の色は、優先順位が高い順に、オレンジ、黄色、緑である。テスト項目に注意する必要がない場合は、スキャン結果は白色で表示される。

スクリーン上のスキャン結果の色を見るだけではボディ・フィールドの是正はできないため、NESの施術者は、さらに詳しくテスト結果の優先順位をつけられるよう訓練を受けています。

施術者は、好ましい是正順序など、スキャンのパターンの意味を理解しています。

エネルギー的および情報的に重要なものは全て物理的なプロセスと相関関係があるため、NES施術者は解剖学、生理学、病理学を理解した有資格の医療従事者です。

ボディ・フィールドは動的であり、スキャンではフィールドのサブシステムをボディ・フィールド全体との関連でスキャンするため、フィールドでは常に何らかが是正を要するでしょう。

毒素や病原体などへの曝露がない理想的な世界に住んでいたとしても、NESスキャンが「ゼロになる」、つまり注意すべき点がなくなることはないでしょう。

生きている限り、ボディ・フィールドは常に環境と相互作用しており、自分自身の信念、考え、感情、記憶などの影響を受けやすいため、歪みは避けられません。

多くの人が、特定の身体的または精神的問題の生物エネルギー的側面に対処しようとNESに興味を持ちますが、NESは潜在的な問題を、それが身体に現れる前に生物エネルギー的レベルで特定できるため、持続的な健康プログラムの一部として使用することが理想的です。

このスキャンをより理解してもらうためにラジオの例を考えてみましょう:NESシステムをラジオの受信機と考えてみてください。スキャナーは受信アンテナ、ボディ・フィールドはラジオの放送局です。

本当の電波は放送局から送られる。そこに、音楽、コマーシャル、天気予報、交通情報、トークショーなどのバーチャルな情報が、変調されて乗っています。

本当の電波は、実質的に、リスナーが解釈して初めて意味を持つ、音楽や討論のようなバーチャルな情報を運んでいます。

また、電波で運ばれたバーチャルな情報にアクセスするためには、放送局にチャンネルを合わせて実際の周波数に合わせられなければなりません。

AMにしか合わせられなければ、FMの放送局のチャンネルは拾えません。ダイヤルを少しずらすと、聞いている局が93.5から95.3に変わります。

それぞれの周波数が異なる情報を運んでいます。NESプロフェッショナル・システムは、ボディ・フィールドが常時放送しているさまざまな信号を拾うことができる受信機なのです(1回のスキャンで約155テストが行われるので、同時に155の放送局を聞いているようなものです)。

実際は、NESスキャンはボディ・フィールドに対してワードプロセッサーのスペルチェックのように働くと考えられます。

コンピューターのスペルチェッカーは、あなたの知らない間に全ての単語を内蔵辞書と比較し、タイプ中の文章の間違いをチェックしている。

スペルミスと思われる単語を発見すると、その単語にフラッグを付けます。NESスキャンも同様ですが、より全体的かつ高度に、多くのエネルギーおよび情報の構造やサブ構造の状態に歪みがないかボディ・フィールドを検査します。

しかし、スペルチェックの例で言えば、NESスキャンは単なるスペルチェック以上のことをしており、文章や段落レベルでの意味を検討し、混乱しているのか、そうでなければ質が悪くなっているかを判断しています。

スクリーンの画像にスキャンで見つかった全ての「ミスマッチ」と相対的重症度レベルが表示され、その後、必要な是正をなし得るインフォスーティカルが提案されます。

NESインフォスーティカル (Infoceuticals)

Infoceuticals

インフォスーティカルとは、特定の量子電磁力学的情報を刷り込まれた微量ナトリウムを含んだ液体レメディーです。

インフォスーティカルは、NESトレーニングを受けた認定プラクティショナーから購入できます。

NESインフォスーティカルの特徴は、インフォスーティカルがHBF構造に正しい情報を直接伝えるように調和的に設計されているということであり、スキャンの過程で特定されたひずみを修正するためにの的確なファクターであるということです。

化学的に、電磁的に、そしてエネルギー的な方法で間接的にHBFを刺激しているのとは違い、フィールド自身が健康な状態に戻ろうとしているのです。

これらの方法は有効ではありますが、現時点ではHBFの構造を表現する正確な言語が存在していません。

肉体の様々な機能を支配している、まさにその情報を修正することによって、NESインフォスーティカルは最も深い統合的なレベルで機能するのです。

NESインフォスーティカルは、好ましいボディ・フィールドの構造からの逸脱を全て「正常」に戻せるよう、ボディ・フィールドに指示を出します。

つまり、インフォスーティカルは、その自律的な能力(内在する構造により自らを指揮する能力が与えられる)において、身体が健康的な生活に最適な方向に身体を向けることができるよう、ボディ・フィールドが好ましい構造を回復する助けます。

ボディーフィールドに損傷が見つけると、インフォスーティカルhは正しいQED情報を提供し、修正メッセージをボディ・フィールドに直接伝達するため、使用中のサプリメント、ホメオパシーのレメディー、ハーブ、医薬品等とは、一切干渉しません。

それどころか、鍼灸治療やホメオパシー、カイロプラティックスにおいては非常に相性の良い結果を出しています。

インフォスーティカルは、スキャンによって見つかったHFBの歪みを修正するレメディーですが、その為にはHBFの一番外側にあるエネルギーの層(自己防衛の為のバリアの様なもの)にある通り道を(NESでは、HBFのホールと言っている)見つけ固定化します。

インフォスーティカルが効果を持続している間は、そのホールは固定化されたままである為、その他のヒーリングを行う場合においても情報がエネルギーフィールドに入りやすく、双方においてよい結果がでるといった報告が多数寄せられています。

安全
インフォスーティカルはHBFへの特定の正しい情報を供給するためにデザインされており直接的な生物化学的な影響はありません。

使用が簡単
クライアントは単に水のなかに、指定されたドロップ数を入れて飲むだけです。

ほとんどのウエルネスシステムとの併用が可能
これまでのデータにより、NES システムは他のメソッドとの併用でも効果がでおり、また非常に安全に使うことが可能です。もちろん、操体との相性は抜群です!

ポケットの中のヒーラー NES miHealth

miHealth
NES miHealthは、i phoneのようなモバイル型のスタイリッシュなデザインと最先端の技術が満載されたの革命的なヒーリングデバイスです。

私たちは、長い歴史の中で、素晴らしいヒーリングの力を持った伝説の人物たちを数多く見てきました。

これら全てのヒーラーは、全てある種の特殊な能力を持っていました。ーそれは問題の背景にあった情報とエネルギーを読み取りそして変化させることのできるといったようなー これらの能力は私たちにとっては、例え熟練してもなし得ない永遠の夢でした。

しかしついに、科学とテクノロジーはそれに追いつき、情報とエネルギーをコントロールする生物学の領域に来たのです。ボディーの情報とエネルギーを変え、あなたがこのヒーリングパワーを手にするのです!

2012年ロンドンオリッピクでハンガリーチームがNES miHealthを使って大きな成果を出しました。(世界金メダルランキング2008年23位→2012年8位)

NES MiHealthは、それ自身単体でどこでも携帯し、ヒーリングすることができますが、ProVisionをインストールしたPCと接続することでより、詳細にわたるスキャン結果をモニタリングできます。

NES MiHealthによって、ボディーのエネルギー情報のスキャニングとその場でのセラピーの両方が可能となるのです。

miHealthは、もともと宇宙技術として開発されたGlobal Scaling グローバルスケーリングという最小のエネルギー量で最大の効率をもつ自然のスケールを利用することで、エネルギー的な調整とバランスを導き、本来の自己治癒能力を目覚めさせます。

また、今後続々と開発される予定のアプリケーションは、iPhoneで iアプリをi tuneからダウンロードするのと同じように、専用のソフトウエアからオンラインWeb Shopでお好きなアプリケーション(有料)を即座にダウンロード出来るシステムです。

2012年11月に新しい「mind function 」がリリースされました。このモードはMETA Medicineという潜在意識解放プログラムの技術を利用する事で、ProVisionスキャンの結果を見なが解放できるので無理のないタイミングで脳のトラウマ解放が可能となります。

だれが作ったの?

ピーター・フレイザー

Peter Fraser

NESのチーフ科学所員
メルボルン大学卒
大学院の時、海外旅行をした時をきっかけに代替医療に興味を持つ。

それがやがては20年余りに及ぶ中国漢方薬、ホメオパシー、およびアーユルヴェーダへの追求の始まりだった。

数年間、開業医として働く傍ら、スリランカ、香港、および中国に旅行ながらその知識を深める。

その後、フレーザ氏は漢方薬と鍼灸の大学で校長となる。
彼が作成したカリキュラムは、現在でもオーストラリアにおいて大学認可の標準システムとして受け継がれている。

また彼の針療法の認定の専門家団体とその倫理基準の設立に貢献している。

フレーザー氏の仕事は 「The American Journal of Acupuncture」(米国の鍼灸情報誌)「The Pacific Journal of Oriental Medicine 」にも取り上げられてる。

しかしながら、フレーザー氏は、西洋の医学的モデルの限られた枠組みの中で単に中国伝統医学の概念について説明するだけでは満足できなかった。

彼の探究心は尽きる事がなくついに大学をやめ、個人的な研究をスタートする事になる。

その結果、量子論と生物物理学の最新の発見に基づいたヒューマン・ボディーフィールドをビジュアル的にマッピングする仕事を始めた。

フレーザー氏は、多くの研究計画に関わりながら、生物系においての情報伝達の法則をを明らかにする高度な概念を定式化することに力を注ぎ続けていた。

2012年、永眠。

ハリー・マッセー

Harry Massey

NESの元CEO
映画 The Living Matrix のプロデューサー

ハリーはピーターの仕事に非常に感動し、自らNESの会社を組織し、様々なプロのヘルスケア治療医も容易に使用できるシステムを開発した。

ハリーの指導で、NESシステムは現在多くの国において何百人ものプラクティショナーによって常時使用され、数万人もの人々のために役立っている。

また、ハリーも激しい慢性疲労症候群に苦しみましたがピーターのアプローチを使用して、同様に彼はそれから劇的な回復を遂げた。

現在は、情報医学の更なる研究と社会貢献を目的とする非営利団体を設立し情報エネルギーの分野の普及に努める傍ら、映画 The Living Matrixのワークショップ等を主催し精力的に世界的なプロモートを推進している。

どうやってこのシステムを使うの?

スキャニングプロセス

scan

あなたのHBFの状態を知る為には、先ずこのスキャニングというプロセスが必要です。

スキャン自体は非常にシンプルです。

クライアントは、ただ掌の上にマイヘルスを軽くおくだけです。

すると、たった15秒間で150以上の項目が自動的に分析され、その結果はコンピューターのディスプレーに即座に表示されビジュアル的に見る事ができます。

bar

スキャン結果は、カテゴリー別に優先順位順に色分けされたバーによって表示されます。

ほとんど問題なしの無色のバーからハイリスクの赤色のバーまで5段階のランクで表示されます。

内容の詳細はそれぞれのページに表示され必要な対処法をアドバイスします。

スキャン結果は、10種類の分析レポートとして表示され、最終的には総合結果レポートが作成されます。

スキャンデータは、蓄積可能なので常に前回の結果を照らし合せながら最大5回分まで遡ってデータの比較検討が可能です。もちろんプリントすることも出来ます。
比較レポート

画像をクリックすると拡大ポップアップします!

NESプロフェッショナル・システムでは、インフォスーティカルと呼ばれるレメディーの選択も完全自動化されているため、レメディーの選択に悩む必要もありません。

センシティブな方向け用のモードもありますので、お子さんや過敏なタイプの方にも安心して使って頂けます。

必要なのは訪問回数、インフォスーティカルの本数、センシティブかノーマルかを入力するだけです。
レコメンデーション

画像をクリックすると拡大ポップアップします!

インフォスーティカルは約3、4週間を1クールとして飲みます。

NESは、医学的な所見や治療が目的ではなく、あくまでヒューマン・ボディー・フィールドの状態についてレポートしているだけです。

スキャン結果スクリーン画面の詳細

Earth Field Alignment(アース・フィールド・アライメント)
画像をクリックすると拡大ポップアップします!

地球には重要な3つのビックフィールドと呼ばれるエネルギーフィールドがあり重力、磁極、赤道に対してクライアントのHBFの配列がずれていると健康に問題を起こすと考えられます。このレポートはクライアントの電気的な極性の状態を見る事が出来ます。
Earth Field Alignment(アース・フィールド・アライメント)

Energetic Drivers(ED)エナジェティック・ドライバー
画像をクリックすると拡大ポップアップします!

EDは、16種類のHBFの身体とその機能のフィールドの状態を示します。EDは、HBFの活性化、臓器の細胞間の相互情報伝達の維持、排毒、細胞構成の促進を担っています。
Energetic Drivers(ED)エナジェティック・ドライバー

Energetic Integrators(EI)エナジェティック・インテグレータ
画像をクリックすると拡大ポップアップします!

EIは、身体の情報伝達を通して身体の調整と制御する12のエネルギーを現しています。EIは、経絡、感情、臓器間の正しい情報伝達を統括しています。
Energetic Integrators(EI)エナジェティック・インテグレータ
エナジェティック・インテグレータ9(EI9)-(甲状腺ー三焦経)

Energetic Terrains(ET)エナジェティック・テレイン
画像をクリックすると拡大ポップアップします!

ETとは、自己治癒力に関するエネルギー状態を示しています。細菌、ウイルス、バクテリア、または菌類などの病原体の情報を16のエネルギー環境として分類します。
Energetic Terrains(ET)エナジェティック・テレイン

Energetic Stars(ES)エナジェティック・スター
画像をクリックすると拡大ポップアップします!

ESは、HBFの代謝経路と生存本能を示しています。ESは、ビックフィールドのサブシステムとして機能し小規模なネットワークシステムとして15に分類されます。
Energetic Stars(ES)エナジェティック・スター

Environmental Toxins (環境有害物質)
画像をクリックすると拡大ポップアップします!

環境要因に適切に対処するHBFの能力を示しています。例えば、電磁波、殺虫剤や洗剤に含まれる有害化学物質、重金属、タバコや水の汚染等にHBFがいかに対処出来るか等です。これは、特定の毒素があるという事を示している訳ではなくHBFがその毒素に対していかに対処する能力を持ち合わせているかを示しています。
Environmental Toxins (環境有害物質)

Nutrition (栄養)
画像をクリックすると拡大ポップアップします!

このレポートは、栄養の新陳代謝と正しい調整に必要である情報転送をスムーズに行う為のHBF機能を示します。これは、栄養のレベルを示している訳ではなくHBFの機能が有効に栄養に対して同化、管理しているかを示しています。
Nutrition (栄養)
吸収不良フィールド

Musculoskeletal (筋骨格)
画像をクリックすると拡大ポップアップします!

このレポートは、NESによりスキャンされたHBFに影響している身体的なショックを示しています。これは、一般的にクライアントがその時経験しているかもしくは、過去において傷ついて完全に治癒していないと思われる身体的なショックや痛みを示しています。
Musculoskeletal (筋骨格)

miHealth (マイ・ヘルス)new!
画像をクリックすると拡大ポップアップします!

ヒーリングディバイス”マイ・ヘルス”を併用する場合に使用するスクリーンです。これによりシステムをより有効かつ総合的に利用できるようになりました!
miHealth (マイ・ヘルス)

Emotion Screen (エモーションスクリーン)new!
画像をクリックすると拡大ポップアップします!

感情に関するスクリーンです。顕在意識、潜在意識、過去のネガティブ感情を繰り返すテープループの3つを柱として、生き方をブロックしているトラウマを分析します。
Emotion Screen (エモーションスクリーン)

Core Emotion (コア・エモーション)new!
画像をクリックすると拡大ポップアップします!

上のエモーションスクリーンのサブスクリーンです。現在捕われている意識(顕在意識)を陰陽(ポジティブ意識とネガティブ意識)で分析、意識のバランスをキーワードで表現し傾向を分析します。
Core Emotion (コア・エモーション)

Core Belief (コア・ビリーフ)new!
画像をクリックすると拡大ポップアップします!

上のエモーションスクリーンのサブスクリーンです。現在捕われている意識は、生き方の癖や何を信じて来たかによって決まります。信念や価値基準、固定観念、ものの見方の尺度、考え方の傾向を表示します。
Core Belief (コア・ビリーフ)

ED Creative Cycle (ED クリエイティブ・サイクル)new!
画像をクリックすると拡大ポップアップします!

上のエモーションスクリーンのサブスクリーンです。固執した考え方や信念は、見方を偏らせ、ひいては特定の身体のフィールドにも影響を与えます。考え癖と特定の臓器にストレスの関係性をサイクルで見ながら表示します。
ED Creative Cycle (ED クリエイティブ・サイクル)

Shock Confrict (ショック・コンフリクト)new!
画像をクリックすると拡大ポップアップします!

上のエモーションスクリーンのサブスクリーンです。強い恐怖体験やショッキングな出来事は潜在意識のトラウマとなって脳の特定の領域に感情と共に情報として畳み込まれておりその部位と関連する臓器レベルと相互に関連しています。そしてその記憶はテープループの様に常に再生され続けそこから抜け出る事を困難にします。最終的な意識の開放をするコアな部分です。Mata Medicineの理論をベースに4つの脳の部位にエネルギー的なダメージを与えているトラウマを分析。
Shock Confrict (ショック・コンフリクト)

Brain Stem Hologram(BSH)脳幹ホログラムnew!
画像をクリックすると拡大ポップアップします!

上の4つのショック・コンフリクトの脳幹のサブスクリーンです。脳幹にリンクする感情と身体部位のコンフリクトを表示。
Brain Stem Hologram(BSH)脳幹ホログラム

Cerebellum Hologram(CH)小脳ホログラムnew!
画像をクリックすると拡大ポップアップします!

上の4つのショック・コンフリクトの脳幹のサブスクリーンです。小脳にリンクする感情と身体部位のコンフリクトを表示。
Cerebellum Hologram(CH)小脳ホログラム

Cerebral Medulla Hologram(CMH)大脳髄質ホログラムnew!
画像をクリックすると拡大ポップアップします!

上の4つのショック・コンフリクトの脳幹のサブスクリーンです。大脳髄質にリンクする感情と身体部位のコンフリクトを表示。
Cerebral Medulla Hologram(CMH)大脳髄質ホログラム

Cerebral Cortex Hologram(CCH)大脳皮質ホログラムnew!
画像をクリックすると拡大ポップアップします!

上の4つのショック・コンフリクトの脳幹のサブスクリーンです。大脳皮質にリンクする感情と身体部位のコンフリクトを表示。
Cerebral Cortex Hologram(CCH)大脳皮質ホログラム

EI Emotion (EI エモーション)new!
画像をクリックすると拡大ポップアップします!

上のエモーションスクリーンのサブスクリーンです。日々起こる出来事や人間関係によって沸き起こる感情は、氣の流れに大きく影響します。氣(エネルギー)の滞りの原因となっている意識、感情を読み取ります。
EI Emotion (EI エモーション)

Metaphysical Body (メタフィジカル・ボディ)new!
画像をクリックすると拡大ポップアップします!

上のエモーションスクリーンのサブスクリーンです。感情的・心理的な考慮と物理的な身体に共通の形而上学的な相関関係の概要を表しています。これはNESオリジナルではなく一般的な情報を目的としています。
Metaphysical Body (メタフィジカル・ボディ)
Cervical Spine (頸椎)

メリットとデメリット

[check]今まで諦めていた体調不良の原因を特定し、改善することができる。

[check]西洋医学的アプローチと異なり、量子電磁力学(QED)に基づく身体にやさしい副作用のない波動セラピーである。

[check]成人病や、生活習慣病、慢性疾患や原因不明の難病などをエネルギー的に治療や予防することができる。

[check]スキャンはたった15秒で、しかも非侵襲的(注射や内視鏡のように身体に負荷をかけない)である。

[check]スキャン内容は、イラストや表で簡単に確認でき、一目で問題点や改善点を確認することができる。

[check]6歳以上であれば、だれでも受けることができる。

[check]西洋医学の薬、漢方薬、サプリメントやホメオパシーのレメディなどの効果を損ねることなく、同時・安全にNES治療を受けられる。

[check]他のコンピューターを使った代替医療システム(ラジオにクス、経穴電気伝導性測定、バイオフィードバック、電気皮膚抵抗のスクリーニング装置)と比べ、圧倒的に支持され(2008/2009年、Energetic Medicine Research Annual Award 受賞)、信頼性が高い。

[check]治療に時間がかからず快適である。インフォスーティカルという波動レメディを1日1度、飲むだけ。あるいはマイヘルスというデバイスで数十分程度の身体にかざしたり、気持ちよくさすったりするだけ。

[check]病気や体調不良の原因となる体内に蓄積した毒素の排泄を促進させるエネルギー的情報を身体に送るため、総合的なデトックスを行うことができる。

[check]病気の原因となる肉体的問題だけでなく精神的な問題も同時にスキャンすることで、心身の両面から問題解決を図ることができる。

[check]他の代替医療との相性も良く、針灸、漢方薬、カイロプラクティック、整体、操体、指圧、マッサージなどとミックス治療を行うことで相乗効果を得ることができる。

[check]スキャン後の方針をシステム自体が提示するので、施術者の経験による効果のバラつきが起きにくい。

●慢性疾患や難病、生活習慣病などは本人の意識の問題が大きく影響するため、ネガティブな意識は改善を妨げ、治療を長引かせる原因となる。

●上記に付け加え、治療は玉ねぎの皮むき同様、徐々に、しかし確実に行うため、3週間程度では効果を感じられない時もある。しかし、再スキャンを行うことで改善点を説明することが出来る。

●NESのみに頼り、他の病気になる原因となった生活習慣を改めないと効果は出にくい。

●正確な指示を守らずインフォスーティカルを飲んだ場合は、効果が出にくい。

●このシステムは西洋医学的なアプローチをしているわけではないので、個人的に健康の問題に懸念がある場合は、有資格の医療従事者の診断、助言を受けるのが望ましい。

施術者は一体どんな人?

Koshi Ozaki

操体カナダ院長、柔道整復師 (日本厚生大臣認可 第37617号)、操体プラクティショナーそしてインターナショナル NES プラクティショナーの私がもてる能力のあらん限りをふりしぼって、全責任を持ってお相手いたします!

くわしくはプロフィールをご覧ください。

お申込み方法

1、お電話日曜日以外 9:00am - 8:00pm までいつでも受け付けております。お気軽にお電話ください。
1-604-873-2341

2、オンラインフォームここをクリックすると新しいウィンドウが開きますので必要事項を入力するようお願いします。

体験談

NESプラクティショナーからの声

Deborah

NESのトレーニングマネージャーであるDavid PrestonのNESアメリカ本部への視察の際にアメリカの主導的立場であるNESプラクティショナーのデボラ・ホルツとのインタビューパート1

deboraまず最初にあなたがデボラ・ホルツに会って衝撃を受けるであろう事は,彼女の情熱でしょう。

彼女の熱意ーそれは知識であり、健康の問題を解決し、元気でいる事を手助けする為の決意ーは伝染します。

デボラは米国のトップNESプラクティショナーの一人であり、NESの施術歴の長さもトップクラスです。

NES歴8年目の今日、彼女はノースカロライナのバーリントンで週に50~60名のクライアントを施術しています。そして既に3ヶ月先の予約が常に一杯の状況です。

私が彼女に最初に会ったのは2010年の英国でのマスタークラスのカンファレンスでした。参加した皆がまず最初に驚いた事は、彼女はほとんどクライアントに対して質問することなく、クライアントの問題の本質を掴む特殊な能力です。

”全てはスキャンの中にあります。”と彼女は言います。
”あなたは既に答えを見て知っているのです”

私はデボラに"もし宜しければ、あなたの成功の秘密をシェアーしてもらえませんか?"と尋ねました。"もちろんです”
"私は、世界中のNESプラクティショナーと共に、もっとNESが普及してほしいと思っています”と彼女は答えました。

その秘訣のインタビュー、パート1

Q: 最初にどのようにNESを知ったのですか?
Deborah H: 私は化学的な背景ー生物学、化学、栄養学を持っています。私は24年間、医師から委託された栄養士として成功していました。

しかし私は、これまでの栄養的なセラピーだけが、クライアントが成すべき事かと思い始めました。そこで、クライアントの問題の本質を見つけるためのより深く知れる何か他のものを探し始めました。

ある日、私は友人の医師に細胞に直接語りかける方法を尋ねました。そのような方法は存在しないと彼は言いました。しかし私は出来るはずだと確信していました。

その時、私は近くにNESを使い始めたカイロプラクターがいる事を聞きました。彼にコンタクトしてデモンストレーションの予約を取りました。

彼は私をスキャンして、スキャン結果を見せてくれました。

彼は体がエネルギーフィールドと情報によってどのように調整されているか、そしてどのように分析され、もし必要なら、強化し修正することを説明してくれました。

私はこれこそが私が探していたものであると確信しすぐに、NESディストリビューターにコンタクトしました。

Q: どのようにNESの経験を積んできましたか?

Deborah H: 最初は私の栄養アドバイスを受けていた既存客にNESシステムを使いました。しかしすぐに噂になり、新しいクライアントがNESセラピーを探し当てて私の所に来始めました。

全ては口コミです。一度も広告を出したこともありませんし、ホームページも必要ありません。私にとってNESそれ自体がプロモーションなんです。

Q: あなたは最初のスキャンをどのように行っているか教えて頂けますか?

Deborah H: 最初のセッションは約1時間で、その後は45分です。最初はケースヒストリーを取ります。クライントのバックグラウンド、現在の問題、どのような医療を現在受けているか、手術の経験等です。

そして同意書にサインしてもらいます。

私は質問は最小限にしています。クライアントはよく私が本当に聞きたい事以外の事を話しますがそれは必要ないし、全てはスキャンの結果の中にあるのです。

それは毎回本当に正確に表示されている為、クライアントを常に驚かせています。

Q: それからどうするのですか?

Deborah H: 同意書の後にスキャンします。 スキャナーの上に手を載せてもらい、スタートボタンを押します。

次の点は明確にする事が重要です:まず疑わないこと。
特別に何かをこころの中でフォーカスする様にクライアントに頼んだり、沢山の質問をスキャン前にする必要はありません。

スキャンはそこに何があり、何を知る必要があるかを私たちに伝えてくれるでしょう。

それから、私はクライアントにスクリーンを見せてそれが何を示しており、エネルギーとは何かを良く理解してもらうため、赤があろうがなかろうがそれがどういう意味か、HBFとはどのように構成されているか等をクライアントに説明します。

次に、赤とオレンジを探して、クライアントにそれを見せます。そしてボディー・フィールドのどこが一番障害が起こっており、何を調整する必要があるかを説明します。

クライアントは、自分に本当は何が起こっているかを正確に理解する必要があるのです。

Q: あなたの栄養士としてのノウハウを使いますか?

Deborah H: スキャンの説明をする時は、私の過去の経験や他の規則的なことは引き合いには出しません。必要ないからです。しかし、科学、生物学、解剖学、心理学の知識はフル動員して使っています。

あなた方もNESの経験が積んで行く中で、スキャンのパターンにお気づきいなる事でしょう。

例えばED3が赤やオレンジでスプリーン(ED14)やストマック(ED8)が同時に表示されたら、EI3(粘膜ー小腸経)やEI7(血液ー胆経)も表示されるかもしれないことを想像するでしょう。これは、免疫システムフィールドの障害です。

Q: それでは、あなたがしなければならない全ては、クライアントをスキャンし、インフォスーティカルを手渡すだけなら、なぜあるNESプラクティショナーは他のNESプラクティショナーより成功するのでしょうか?

Deborah H: クライアントの仕事はインフォスーティカルを指示通りに飲む事です。そしてNESプラクティショナーの仕事はクライアントを教育し興味を与えることです。

そうすることで彼らはシステムを信頼し、インフォスーティカルを飲む事を続けてくれます。プラクティショナーはスキャンが何を示しているか毎回言葉で説明しなければなりません。

システムをより理解することが、より良い説明に繋がり、そして良い結果を生み出します。これが私の成功の秘訣です。

次回パート2に続く

Part Two

Q: 2回目にセッションと、それに続くスキャンについてお話下さい。

Deborah H: クライントの2度目のスキャンに訪れた時は、私はいつも最初のスキャン結果のコピーを参照します。その変化を表示してフィールドがどのように開示し始めたかを説明します。

私たちが次のレベルに進んでいるータマネギの層を剥くようにー事をクライアントに話します。そして前回と同じようにスキャンをして、そこに何がありそれがかれらの状態とどのように関連しているかを説明しインフォスーティカルをあげます。

Q:状態が改善しないクライアントにあなたは何と言っていますか?

Deborah H: それはめったにありませんが、もし彼らが前回のセッションから何の変化も感じなかったらまず最初にちゃんとプロトコル通りに飲んだかどうかを尋ねます。

それから、言います。OK。あなたのボディー・フィールドが何と言っているか一緒に見てみましょう。私は前回のスキャンを見て、その変化を見つけます。

その変化は、時にはとてもささいなものです。ですから例えばもし胃のフィールドが前回表示されていて、クライアントが現在胃の不調を感じていなければ、それは肯定的な変化です。

私は彼らが持っている問題に関係するのがどのエネルギーフィールドの障害なのかを示します。ですから、もし彼らが高血圧なら、私はスキャンの中でそれがどこに現れているか説明します。

もし、数回来ても血圧に何の変化もなければ、ボディー・フィールドの修正と実際の肉体的な変化との間には時間差が起こる事がよくある事を説明します。

もし、EI7(胆経)が表示されたら、私は”首の痛みがないか?”を尋ねて痛みを感じていれば、次のセッションでその首の痛みが改善しているかどうかを聞きます。

私はいつも、慢性的な問題を持つ新しいクライアントには、ヒーリングプロセスには時間がかかる事を説明します。場合によっては2~3年かかることもあります。

私は我慢強く、続けることを話し、時間を与えることがその過程を機能させることだと言います。

私は、彼らが現在の状況になるにはそれなりの時間がかかっているはずで、それを元の状態に戻すには、それ相応の時間が必要であることを思い出してもらいます。

私は、彼らに自分の健康に対して責任を持ってもらうことで彼らを励まします。これはチーム作業なのです。私だけではできません。

もし彼らが私に全ての責任を持たせようとするなら、かれらに、ボールを私から取り返してそれをドリブルする様に言います。次は、彼らのボールなのです。

Q: ちょっと意地悪な質問をしますが、NESセラピーはプラシーボで、それはプラクティショナーの能力と自信によって良い結果が出ているだけであるとNESを批判的に言う人がいてとしたら、あなたは何と言いますか?

Deborah H:それはまったく見当はずれです。

NESはあなたが信じようが信じまいが、効果的です。しかし、もしプラクティショナーがクライアントに対してこれが機能する事が不確かであれば、クライアントは多分NESが正しく機能する前に飲むのを止めてしまうでしょう。

私はプラクティショナーが成功していない事を聞くと、彼らがシステムを理解するために十分に勉強しているかどうかを疑います。私がシステムを買って最初にした事は、ヘルプファイルを記憶する事に時間をかけたことです。これが私が且つて行った最善のことです。

なぜなら、これによってスキャン結果からパターンを見れるようになり、何が起こっているかを素早く理解することが出来るようになったからです。

それに、クライアントの前でヘルプファイルを読み上げることは、あまりスマートでないし飽き飽きすることですものね。プロっぽくないでしょ?!

それに自信を持って啓発しているって感じでもないですし!

Q: あなたはmiHealthを使っていますか?

Deborah H: いえ。まだ使っていません。でも使う予定です。私はそれがProVisionをどのように補助してくれるかとても楽しみにしています。

特に慢性的な痛みを持つクライアントがいたら、使ってみたいです。それは多分、エナジーフィールドをより素早くオープンにして、プロセスもスピードアップしてくれることでしょう。

Q: 新しいNESプラクティショナーに対して何かアドバイスがありますか?

Deborah H: 3つあります。 
NO.1:システムを学んで下さい。
 
上級レベルを目指す前にファーストグレードをパスしなければなりません。システムを使ってください。それは使うために作られているのですから。それから離れることに何の利益もありません。その通りにすれば、そのパワーをあなたは見つけることができるでしょう。

NO.2:プロトコル通りにして下さい。
それで機能します。ですから、自信をもってその通りに使って下さい。
大切な事は、あなた自身、そしてNESプラクティショナーとして、そしてシステムに対して自信をもってクライアントに内容を説明することです。

NO.3:プロフェッショナルになることです。そしてビジネスライクになることです。他のだれもあなたの仕事に責任をもってはくれません。あなたの仕事です。NESはあなたと共に仕事をしてくれますが、責任はあなたにあるのです。

Q: どうもありがとうございました。

ロリリン・K・ラッチマン(Lorilyn K. Lachman)

私はNESを使用して約1年になる。
私は46年間1型糖尿病を患っており、
線維筋痛症、変形性関節症、他の疾患もあった。

私は第3期の終わりから第4期の初めの腎疾患と診断された。
私は8ヵ月間、インフォシューティカルのプロトコルを実施している。
腎疾患は第1期になった。

医師は私が腎疾患である理由がわからず、改善を説明することもできなかった。私には線維筋痛症も関節症の痛みもなかった。

私はブリットル型糖尿病で、インスリンの必要性は激減し、
身体の高血糖に対処する能力も改善した。

クライアントについて言えば、私は52歳の女性にNESプログラムを
開始したばかりである。

長年の間、彼女はコントロール不良の高血圧に苦しんできた。
医師は多くの高血圧治療薬を処方したが、数値は高値であった。
彼女は、6年ぶりに血糖値が正常範囲になったと報告してくれた。

もう1例を紹介する。
私は45歳の女性を2ヵ月間診察している。
彼女は大うつ病で、双極性障害と診断された。
彼女は、疲労、疼痛、自殺念慮、極度の不安に苦しんでいた。

NES開始後、女性は以前よりずっとエネルギーがあり、将来の希望もある全ての症状は徐々に消失しており、彼女には生きる意志がある。
彼女によれば「人生で初めて、何かが上手くいっている。」そうである。

ジェイソン・シクズコウィクズ (Jason Siczkowyez) 自然療法医

肯定的な事例を臨床でのフィードバックにしたかった。
一人の紳士が1ヵ月前に私のところを受診した。
慢性高血圧で、長い間平均血圧は170/90台であった。
彼は薬を服用していたが、副作用のため中止していた。
NESでは細胞ドライバーと肝臓ドライバーが示されたため、
私はそれを処方しただけである。

昨日、フォローアップの診察をしたが、過去2週間の平均血圧は
130~120/80台であった。フォローアップの検査では細胞ドライバーと肝臓ドライバーは0であった。

このことは、患者が血圧の薬を飲んでいる場合、血圧の低下に注意し、
薬を漸減する必要の重要性を示している。

この紳士は、私に会うずっと前から休薬を決めていたため、初めは非常に血圧が高かった。

そのため、私にとっては有効性を評価する良い機会であった。

もう一人の紳士は、急性膀胱感染と診断され、抗生物質の使用を拒否した。

それが彼の選択であったため、私は抗生物質を使用するようには言わなかった。全テスト中高値であったのは、EI 5(膀胱/リンパ)、EI 8(微生物)、肝臓ドライバーであった。

一人の女性が慢性疲労症候群で受診した。

特に栄養スクリーニングで鉄が2逸脱していた。
彼女は私に会った直後に一般医を訪れ、血液検査で鉄分とフェリチンが
低値であることが判明した。

彼女は、鉄分が少ないかもしれないと私が示唆したことをその医師に告げたが、医師はコンピュータでどのようにしてわかるのか不思議がった。

ランディ・イートン(Randi Eaton)認定マッサージ・ボディワーク療法士

私のクライアントは母親であり、妻であり作家である。
彼女は、1980年代にある製造業者が流通させた汚染されたL-トリプトファン(今日まで特定されていない遺伝子組換え細菌)を飲み死にそうになった。

好酸球増多筋痛症候群(EMS)は、複雑な全身症状で、このL-トリプトファンと直接の関係がある。最初の年だけで50人近くが死亡した。
私のクライアントもその一人になるところであった。

彼女は線維筋痛症、慢性疲労症候群、ニューロパシー(現在は末梢ニューロパシー)および肺障害などが16年間あった。

彼女は、過去10年以上、間欠的なうつ病に苦しみ、身体の疼痛、微熱の再発、自己免疫障害、近年は甲状腺機能低下、軽度の結腸炎があり、
最近、脂肪肝と診断された。

彼女は集中できず、疲れやすいと報告している。NESプロトコルをわずか2つ実施した後で、彼女は症状の著しい改善を経験した。彼女は最近

「非常にエネルギーが高まったことが信じられない。今日、私はお祈りをし、朝食をとり、カーブズに行って運動し、帰宅してシャワーを浴びて髪を整え、学校に行き、10歳の「危機に直面している」学生に1時間指導し、友達と昼食をとり、思い立って彼女と買い物に行き、帰宅して30分休憩し人にあって短時間で夕食をとり、1時間ルンバのクラスに行き、帰宅して、休んで、シャワーを浴びて、今あなたにメールしています。

この16年間こんなことは不可能であったことをあなたは信じられないでしょう。

本当なのです。・・・私はこんなに活発になれて興奮しています。あなたがしてくれていることに感謝してもしきれません。」と伝えてくれた。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional